The Village Vanguard Sessions ~Bill Evans

タイトル ヴィレッジ・ヴァンガード・セッション(The Village Vanguard Sessions)
アーティスト ビル・エヴァンス(Bill Evans)
レーベル/番号 Milestone, MSP-47002 
The Village Vanguard Sessionsのジャケット表 The Village Vanguard SessionsのA面のレーベル

1973年にリリースされた、ビル・エヴァンス(Bill Evans)の2枚組廉価盤「ヴィレッジ・ヴァンガード・セッション(The Village Vanguard Sessions)」を紹介いたします。


The Village Vanguard Sessionsの見開きジャケット表 The Village Vanguard Sessionsの見開きジャケット裏

見開きジャケットの表裏を縦に並べてみました。すると、表側にほぼ等身大と思われるポートレイトが立ち現れます。本盤は、1961年に録音リリースされた不朽の名作、伝説のヴィレッジ・ヴァンガードのライブ盤、以下の2枚を再編集したものです。



Sunday At The Village Vanguardのジャケット表 『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード(Sunday At The Village Vanguard)』
(Riverside RLP-9376)




Waltz For Debbyのジャケット表 『ワルツ・フォー・デビー(Waltz For Debby)』
(Riverside RLP-9399)




どのように再編集されたのか、ジャケットの録音データを拡大してみます。


ジャケット裏のプログラム


わかりやすさのため、再編集盤とオリジナル盤の曲順を対応表にしてみました。


The Village Vanguard Sessions Waltz for Debby Sunday at the Village Vangurad
A-1 My Foolish Heart A-1
A-2 My Romance B-1
A-3 Some Other Time B-2
B-1 Solar A-3
B-2 Gloria's Step A-1
B-3 My Man's Gone Now A-2
C-1 All Of You B-2
C-2 Alice In Wonderland B-1
C-3 Porgy
D-1 Milestones B-3
D-2 Detour Ahead A-3
D-3 Waltz For Debby A-2
D-4 Jade Visions B-3

全て1961年6月25日、日曜夜の演奏です。ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)作の『(C-3) ポーギー(Porgy)』は、本盤が初出のクレジットがあります。再編集のおかげで、慣れ親しんだ曲が、別なオリジナル・アルバムのように新鮮に聴くことができます。


本盤のレーベルは、マイルストーン(Milestone Records)ですが、発売元はファンタジー(Fantasy Records)となっています。ファンタジーは、リヴァーサイト(Riverside Records)、プレスティッジ(Prestige Records)の「過去の名盤をお得な価格の2枚セットでご提供」というコンセプトで数多くのアルバムをリリースしています。本サイト「RVGの部屋」で、エリック・ドルフィー (Eric Dolphy)モーズ・アリソン (Mose Allison)ケニー・バレル (Kenny Burrell)の同様のアルバムを取り上げています。是非のぞいてみて下さい。私はこの企画物が大好きで、安いのに音が良いこともありますが、意外に聴かれてないのか、盤質の良いものにあたる確率が高いことも一押しの理由です。オリジナル指向がそれほど高くない方にはおススメのシリーズです。



[Tracklist]  The Village Vanguard Sessions

A1 My Foolish Heart 4:50
A2 My Romance 7:10
A3 Some Other Time 4:58
B1 Solar 8:52
B2 Gloria's Step 6:05
B3 My Man's Gone Now 6:20
C1 All Of You 8:15
C2 Alice In Wonderland 8:34
C3 Porgy 5:56
D1 Milestones 6:30
D2 Detour Ahead 7:34
D3 Waltz For Debby 6:55
D4 Jade Visions 3:45