Sweet September ~Pete Jolly

タイトル スウィート・セプテンバー(Sweet September)
アーティスト ピート・ジョリー(Pete Jolly)
レーベル/番号 V.S.O.P. Records, AS-39
Sweet Septemberのジャケット表 Sweet SeptemberのA面のレーベル

ピート・ジョリー・トリオ(Pete Jolly Trio And Friends)の『スウィート・セプテンバー(Sweet September)』を紹介いたします。


Sweet Septemberのジャケット表 Sweet Septemberのジャケット裏

Sweet SeptemberのA面のレーベル Sweet SeptemberのB面のレーベル

ユーモラスなネズミのイラストが特徴的なジャケット。ねずみ年である女房お気に入りのLPレコードです。女房とは干支つながりだけでなく、アニタ・カー(Anita Kerr)がロサンゼルスで録音するときは、ピアノはいつもピート・ジョリーに頼んでいたという情報もあり、音楽的嗜好でも共通するものがあるようです。アニタ・カーの部屋に彼の参加したアルバム『Anita Kerr Performs Wonders』も紹介してあるので、是非のぞいてみて下さい。



ジャケット裏のプログラム ジャケット裏の録音データ

ジャケット裏のプログラム、録音データを並べてみました。ピート・ジョリーのハンサム、スマートなポートレイト。左下に1963年11月15日録音とクレジットされています。同63年にAva Recordsからリリースされたものがオリジナル盤ですが、本盤は上のレーベルを確認すると、四半世紀後の87年にV.S.O.P. Recordsから再発されたものです。


調べてみると、Ava Recordsは62年から64年にかけて存在した短命なレーベル。V.S.O.P. Recordsは『Very Special Old Phonography』の略で、50年代から60年代にかけての小さなレーベルのウエスト・コースト・ジャズを再発売している会社とありました。


アメリカ北東部、コネチカット州生まれのピート・ジョリーですが、南西部のアリゾナ州フェニックスに移り、ジャズの洗礼を受けながら育ち、西海岸で活躍します。ポートレイトのイメージ通り、粋で軽やか楽しいピアノという印象ですが、彼のウィキペディアによると、チャーリー・パーカーの生涯を描いたクリント・イーストウッドの映画「バード」では、バド・パウエルの演奏を再現したとあります。本盤でもその熱い一面を感じることができます。粋と情熱。私の普段聴きの定番となっているアルバムです。



[Tracklist]  Sweet September

A1 Sweet September
(McGuffie, Phillips, Stanley)
2:35
A2 Kiss Me Baby
(Sosa, Gutierrez)
1:50
A3 Yours Is My Heart Alone
(Lehar, Herzer, Lohner)
6:53
A4 I Have Dreamed
(Rodgers, Hammerstein)
4:12
A5 No Other Love
(Rodgers, Hammerstein)
6:30
B1 Any Number Can Win
(Magne)
2:30
B2 Soft Winds
(Goodman)
3:00
B3 Oleo
(Rollins)
3:18
B4 Can't We Be Friends
(Swift, James)
6:24
B5 I'm Beginning To See The Light
(James, Ellington, Hodges, George)
5:45