Plays Misty ~Erroll Garner

タイトル プレイズ・ミスティ (Plays Misty)
アーティスト エロール・ガーナー (Erroll Garner)
レーベル/番号 Mercury, SR-60662  
Plays Mistyのジャケット表 Plays MistyのA面のレーベル

エロール・ガーナー(Erroll Garner)作の不朽の名曲「ミスティ(Misty)」をフィーチャーした『プレイズ・ミスティ(Plays Misty)』を紹介いたします。



Plays Mistyのジャケット表 Plays Mistyのジャケット裏

雨の窓越しに伏し目がちの女性。印象的なジャケットと『(A1) ミスティ(Misty)』の美しいメロディーが相まって、日本でもかなりのセールスを記録したアルバムだと思います。実は、私が初めて購入したガーナーのLPレコードが、本アルバムの日本盤でした。もちろん「ミスティ」目当てでした。


本盤は最近格安で購入したマーキュリー(Mercury)盤。どっしりした音の厚みに大満足しているところです。発売年は力不足ではっきりつかめませんが、50年代中期の演奏を61年頃に再編集してリリースしたものと思われます。



インナースリーブ(内袋)の表 インナースリーブ(内袋)の裏

時代の雰囲気を伝えるインナースリーヴ(内袋)。ジョニー・マティス(Johnny Mathis)、サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)らの紹介と、野外でも楽しめるポータブル・プレーヤーの広告。このようなプレーヤーでかけ続けたらレコードの減りも早いだろうなあ、といらぬ心配をしてしまいます。


クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)初監督作品で、1971年公開『恐怖のメロディー』という映画があります。原題が『Play Misty for Me(ミスティをかけて)』。イーストウッド演じるラジオDJのもと、決まった時間に「ミスティ」をリクエストする女性からストーカー行為を受け命まで狙われる衝撃的なストーリーと、甘美な「ミスティ」のメロディーの対比が強く印象に残り、日本盤購入に到りました。


今回改めて聴き直してみると、アルバムとしての完成度が高く、50年代からガーナーは既に完成と円熟の域に達していたことを思い知らされました。圧巻はB面ラスト3曲の流れ『(B3) Love In Bloom』『(B4) Through A Long And Sleepless Night』『(B5) That Old Feeling』。乱暴ともいえる乾いた硬質なタッチとくずし、それなのに、どうしてこれほど甘美な世界を奏でられるのか。


「ミスティ」目当てでA面しか聴いてこなかったことを深く反省しています。


[Tracklist]  Plays Misty

A1 Misty 2:45
A2 Exactly Like You 3:09
A3 You Are My Sunshine 3:26
A4 What Is This Thing Called Love 2:54
A5 Frantonality 2:53
B1 Again 2:31
B2 Where Or When 2:47
B3 Love In Bloom 5:22
B4 Through A Long And Sleepless Night 3:05
B5 That Old Feeling 5:10