Richard's Almanac ~The Richard Evans Trio

タイトル リチャーズ・アルマナック(Richard's Almanac)
アーティスト リチャード・エヴァンス・トリオ(The Richard Evans Trio)
レーベル/番号 Argo Records, LP 658  
Richard's Almanacのジャケット表 Richard's AlmanacのA面のレーベル

1959年にリリースされた、リチャード・エヴァンス・トリオ(The Richard Evans Trio)の『リチャーズ・アルマナック(Richard's Almanac)』を紹介いたします。


Richard's Almanacのジャケット表 Richard's Almanacのジャケット裏

Richard's AlmanacのA面のレーベル Richard's AlmanacのB面のレーベル

私の普段聴きのなかでも再生回数の多い、小粋で楽しいピアノ・トリオ・アルバムです。『(A5) Crazy Rhythm』が流れたとき、団塊世代の女房が「あっ!クレイジーキャッツのテーマだ!」と声を上げました。私は知らなかったので、YouTubeで検索したところ、リーダー・ハナ肇の軽快なドラム、ザ・ピーナツのボーカル、シャボン玉ホリデーの楽しい映像が出てきて驚きました。おかげで、本盤への愛着がさらに増すこととなりました。



ジャケット裏のプログラム

ジャケットの曲目、録音データを拡大しました。アーゴ(Argo)のLPレコードには、この部分を「Off The Record」の見出しで紹介する盤を多く見かけます。略して「オフレコ」。シャレなのかどのような意味なのか、語学力に乏しい私はもどかしい思いでいます。


最近まで、リーダのリチャード・エヴァンスのピアノと思い込んでいました。録音データを見て、彼のパートはベースと知って驚き、またもや不明の至りを露呈。ピアノはジャック・ウィルソン(Jack Wilson)、軽快なドラムはロバート・バリー(Robert Barry)。


リチャード・エヴァンスは、ベーシストだけでなく、作曲、編曲、プロデュースの才に優れ、1965年に「アーゴ(Argo)」から改名した「カデット(Cadet)」レーベルの看板プロデューサーとして活躍を続けました。本盤でも既にその力量が存分に発揮されています。彼が関わったアルバムを追っかけてみたくなりました。



[Tracklist]  Richard's Almanac

A1 Trees 2:35
A2 Vera 3:23
A3 I'm Glad There Is You 3:50
A4 The Pracher 2:35
A5 Crazy Rhythm 2:45
B1 Bye Bye Blackbird 4:15
B2 Daybreak 3:22
B3 Consu 5:30
B4 Should I 4:02
B5 Jeeper's Creepers 3:00